ホンダ  ビート


ドアスピーカー用カバー
白ゲルコート仕上げ  価格 12000円(2枚1セット)

画像では形状が分かり易いようにサーフェーサが塗装してあります。


スピーカー前の網状の障害物を切除し、
スピーカー周りのデザインをよりスタイリッシュにするカバーです。

開口部140mmです。
(使用スピーカー Magnat エクストリーマ)



取り付け例

(使用スピーカー ダイアモンドHEX バッフルボード特注タイプ)
アルカンターラ、エクセーヌ仕上げ



(使用スピーカー ダイアモンドHEX バッフルボード特注タイプ)
コルクシート仕上げ






ビート専用バッフルボード(ネジ付き)
価格 4500円(2枚1セット)

ビート専用に形状を決定したバッフルボードです。

表面は樹脂コーティングで強度のアップと強力な湿気対策をしています。
少し爪を立てていただければ一般的なボードとの強度の違いを確認できます。

多くのバッフルボードを試作し、一番良い結果を出せた仕様で製作しています。

ご利用スピーカー最大限の効果を出すため、
お客様のご使用スピーカー専用サイズで製作いたします。
ご注文時、スピーカー穴サイズと、バッフルボード厚み(12mmか15mm)をご指定してください。

スピーカー穴サイズは137mmまで対応となります。
バッフルボード厚みはスピーカー奥行きが大きめに必要な場合15mm、
内装とのスペースを大きめに取りたい場合12mm等、ご選択ください。
厚みによる音質の違いはほぼ無いと思っていただいて構いません。


大型スピーカー用バッフルボードはこちら

取り付け可能スピーカー奥行きは約55mm程度までとなります。


通常のホンダ規格のバッフルボードではビートの場合、隙間テープなど使わずに
完全密着させようとすると、ドア内部のプレスラインに接触し密着できない事があります。
ビートに純正装着されているスピーカー枠もホンダ車共通部品の枠の為、
ビートでは密着できずネジ受け側の問題もあり隙間テープで簡易処置されています。

こういった最小スペースのバッフルボードの場合特に、隙間テープ等を挟んでしまうと
スピーカーの振動のストロークを吸収してしまう為、性能低下の原因となります。

解かりやすいのはストロークの大きい最低域の減少が起こります。
オーディオに凝った方や耳の良い方の場合、情報量の低下も感じられます。


この問題を解決する為、純正のネジ、ネジ受け部分を使わず装着できるようにし、
その場合もプレスラインなどに接触せずに面接触できるよう形状を調整しています。


ボード裏のスピーカー背面になる部分をファンネル形状とし(穴サイズ120mm以下の場合)
スピーカー背圧をスムーズに動かし、より良い音を出す効果を持たせています。


隙間テープ等を使わない面接触での完全密着のボルトナット止めの効果と、
小型スピーカーの場合もファンネル化の効果で最低域が伸ばせる傾向がでます。


既に他社製ボードを利用し、不均等に装着され隙間が空いている場合などは、
こちらのボードを挟んでいただければこの問題点は改善できます。
(厚みが増す為、内装に接触する可能性はあります。)




スピーカーカバー、バッフルボード
取り付け詳細、取り付け例





ご注文、お問い合わせはこちらからお願いいたします



戻る