AUTOZAM AZ−1、SUZUKI CARA

フロントバンパースポイラー    価格 50000円

各種取り付けネジ、取り付けステーはご不要な場合、46000円となります。

AZ−1、CARA用のフロントバンパースポイラーです。
実際の商品は「白ゲルコート仕上げ」です。
画像では形状確認しやすいようにサーフェーサーが塗装されています。



AZ−1の発売当時、マツダスピードモデルで「異次元移動物体」というキャッチコピーが付けられました。

異次元と似たようなイメージで未確認生命体、宇宙人・・と連想して
何だか良く解からない生き物と言うエイリアンのイメージが車のイメージとも似ているように
思いましたのでエイリアンを少しイメージしてデザインしてみました。

上の画像は簡易塗装されたマスターモデルとなります。

エイリアンの大きく裂けた口、独立した強そうなアゴといった部分をデザインに組み込んでいます。


ワイド感を出す事と、装着後の車体の取り扱いやすさも優先させる為に
バンパー高さは約265mmとノーマルバンパー程度に抑えています。

参考
AZ−1,CARAノーマルバンパー 高さ 約260mm
マツダスピードバンパー 高さ (下スポイラー含まず) 約280mm
                   (下スポイラー含む) 約300mm




AZ−1のフロント周りでラジエターに風を導入できる部分はとても小さいです。
青い部分以外は壁面であったり、下側のステーはフロントから来た風に対しては
さえぎってしまいそうな形状となっています。



過去に他のバンパーで簡単にラジエター導風板を作った際に良い傾向が見られた事から
今回、バンパー自体の形状を調整し、少しでも広い範囲から風を導入出来るようにしつつ、
余計な部分に風を当てにくくしてスムーズに送り込めるようにしています。






ウインカーは付属のネジを使い裏側から固定します。
きつく絞めすぎると形状に歪が発生する可能性があるのでガタが
出ない程度で絞めてください。(緩み止めナットを利用しています)



ウインカーの一部が隠れますが、発光部分はほぼ隠さないように
形状調整しています。(スモールの下、角の2〜3mm程度のみ隠れます)



汚れが出やすいパッキン部分、細かな凹みなどを隠し、
すっきりと見せる事でバンパーのワイド感も出せるようにしています。

バルブが切れた場合の交換はやりにくくなりますのでご了承ください。


センターのステーはバンパーを持ち上げる、固定する為ではなく、バンパーが下に下がる事が
無いようにするための物で、接触するかしないか程度の位置で固定してください。

過去にセンター固定部の無いバンパーで、バンパーが少しずつ下に落ちていく例
を何度か確認していましたので付属させていただくステーです。
フォグ装着等、重量や、負荷が掛からなければ無くても良さそうなパーツですが
念の為付属させていただきます。


サイドのステーはブレが起きにくい様に製作させていただきました。
ホイールアーチに合わせて少し斜めに取り付けます。
画像ではバンパー装着前にステー取り付けをした状況ですが
バンパー装着後にステーを取り付けていただいた方がやりやすい場合もあります。




ラジエター下のステーが地面との接触で歪んでいる例が多いと思います。
新品は前後のネジ穴の距離が約215mmですが、歪んだ中古では短くなってしまっています。
短い状態の場合バンパー下のネジがうまく止められないと思いますので
下の画像を参考に修正していただくか、新品に交換してください。










大きく裂けた口を形状でも表現したかったのですが、ラジエター導風、バンパー強度の関係で
特に地面からの光の照り返しが強く陰影が付かない場面で表現しきれていません。
下の画像の赤い部分をつや消し黒で塗装していただくと
最初に意図したデザインイメージに仕上がります。

仕切りの柱の造形は牙のように見えるようにデザインしています。











装着例

ナンバー固定はプロサービス製のステーを利用されています。




一部分カーボン仕様




フォグランプ取付、サイド開口部若干変更









ご注文、お問い合わせはこちらからお願いいたします



戻る