AUTOZAM AZ−1、SUZUKI CARA


キックスペース用フロントスピーカーBOX  価格 28000円
各種レザー等張り付け         価格 +4000円
ご指定のスピーカー、ツイーター、サイズの穴あけは1ヶ所500円で承ります。

ビニールレザー参考画像

メーカー系ワークスカー、ショップデモカーなどのトップレベルのオーディオマシンでは
定番となっているキックスペース用スピーカーBOXです。


−−− なぜキックスペースか? −−−

スピーカーとリスナーが理想的には2等辺三角形の位置になるのが良いのですが、
車といった特殊な空間の中ではなかなか実現出来ません。
少しでもそれに近づけるためにはスピーカーとリスナーの距離を伸ばすのが有効なので
キックスペースの位置にスピーカーを持っていくことが多いです。

一番のメリットはスピーカーのほぼ正面の音を聞くことが出来ると言うことです。

音質の差が自分に解るだろうか?と不安な方は一度ご自宅でテレビ、オーディオ機器等で構いませんので
横に向けたときと、正面に向いた時とで聞き比べて下さい。
音質、臨場感など正面で聞いた方が、圧倒的に優れていることがすぐに体感できるはずです。


すべては公開できませんが他にも色々な特性を考えて製作しています。

スピーカーを鳴らし切れるように、フロア形状に合わせた完全な密閉BOXとしています。




−−− 仕様 −−−

スピーカーBOXの板の面は運転席側は助手席頭部、助手席側は運転席頭部に向くように合わせてあります。

表面MDF板  裏面FRP  密閉BOX容量 約2L

推奨使用スピーカー 直径13cm程度まで。 奥行き7cm程度まで。

高級スピーカーほど取り付けに密閉ボックスを要求する物が多く、
そういったスピーカーを選ばれた場合、より効果を発揮します。

奥行きがより必要な場合などはスペーサー作成などもやらせて頂きます。

配線用の穴、取付穴はあけていませんので、ご利用になる
配線、ネジの太さに合わせて穴あけしてください。

配線穴の周りに簡単でいいのでシーリングをしていただくと良いです。




○で囲んだパネルへ向かって、ボックス内部から穴をあけて
タッピングネジで固定して頂くと車外にネジも突き出さずしっかり固定できます

ネジ1本でほとんど場合がっちり固定できます。
この固定をする事で低域の強さがかなり変わります。


本体固定のネジに4mmタッピングビスを使う場合、最初に3mm程度でボックス、車体と一緒に貫通させて
その後ボックスのみ4mmに穴を広げてからビス止めするとがっちり固定しやすいです。

ネジ止め後、シーリング





純正カバーより内側(足側)には一切張り出しはありませんので、
運転中にスピーカーボックスが足に接触することはありません。
純正フロアマットは少し干渉する部分がありますのでご了承ください。
助手席側の純正オプションのフットレストは奥側が多少接触しますので、
取り外すか接触部分を少し削っていただく必要があります。



サイドの内装との若干の隙間、奥側のタイヤハウスの鉄板部分が見えるのが
気になる場合、純正内装を画像(参考です個体差が出ます)のようにカットして取り付けてください。
内装がバタついてしまうと運転の際、非常に危険ですのでよく確認して取り付けしてください。


















ご注文、お問い合わせはこちらからお願いいたします



戻る