AUTOZAM AZ−1、SUZUKI CARA

フロントBOX     価格 30000円 → 一定期間又は一定個数 25000円で販売させていただきます。
送料  120サイズ
白ゲルコート仕上げの無塗装品となります。


 ---  取り付け方法  ---


ABS付車の場合コネクタが接触する為、ユニット横のコネクタの固定(青い部品)を取り外してください。
コネクタ部分はABSユニットの後ろ側にまわして収めてください





センターの純正固定ネジを外し、BOXのステーを付属のアイボルトで固定してください。
アイボルトの向きを横向きに合わせて、スパナでナットを回して締めてください。




「フタを付けた状態」でBOXを置いてください。




ジャッキハンドルと平行になるように前方のステー角度を調整してください。




左右の感覚が同じになるようにボックスの置き位置を調整してください






ボンネットのキャッチを取り外してキャッチを少しずらして置いて、そのままボンネットを開け閉めして
BOXとの接触無くボンネットが正規の位置まで無理なく閉まるか確認してください。

キャッチが付いた状態ではキャッチのバネのせいで微妙な接触の確認が出来ませんので
必ずキャッチを外して確認してください。

(下画像ではBOXが写っていませんがBOXを置いた状態で確認をしてください。)



万が一接触した場合は、状況に応じ接触部の研磨又は、BOXの研磨をしてBOX高さを低くしてください。
BOX側の研磨をする場合、全周同じ研磨量にして平行にフタ位置が下がるようにしてください。
通常この加工作業の必要が出る可能性は低いです。

ノーマルボンネット、マツダスピードボンネットでエアインテークのメッシュ交換がされている場合、
メッシュの余白突き出し部分が接触する可能性があります。
その場合、接触するメッシュをカット又は研磨してください。



BOX位置が確定したら、BOXに3ヶ所穴あけをしてください。(穴径5〜6mm)
BOXに小さな目安の点(AUTOGIANOで確認した平均値)が付けてありますが
車体によりズレますので、必ず現物位置合わせして穴あけ位置を決めてください。




ステーとBOXを付属のネジで固定した後、BOX内部の穴から車体へ印を付けてください。




貼り付け用のナットとナッター用ナットが付属します。
お持ちの工具に合わせて使用ナットを決めてください。




貫通したドリルがラジエターを傷付けないように下敷き、プラ板等を準備してください。




サービスホールから準備した板を入れて注意して穴あけしてください。
貼り付け用ナット(穴径5〜6mm)、ナッター用ナット(穴径7mm)



貼り付け用ナットを利用の場合、穴裏部分の汚れを取った後、
ナットを穴位置まで持っていってください。




穴位置が大体決まった後、付属のネジで締め付けて頂ければ良い位置で圧着できます。




ナッター用ナットを利用の場合はお持ちのナッターを利用して取り付けしてください。




付属のベルトをジャッキ固定ステーの隙間にバックル等画像の向きと同じように通してください。
(商品に付属のベルトは黒色となります。)




BOX、フタを取り付け、ベルトを画像のように通して締めて固定して頂ければ完了です。






ご注文、お問い合わせはこちらからお願いいたします



戻る